英語の本の読ませ方|子供英会話教室選び

英語の本の読ませ方

英語の本の読ませ方

子供が英語を読むためには、英会話学校に通わせるより、自宅で毎日の習慣のように、読ませる機会を増やすことが大切です。
また、使う教材はそれほどお金をかけなくても、さまざまなものが手に入ります。
アメリカでよく使われている幼稚園くらいの子供向けのリーディング教材はDr.Suessの絵本があります。

 

フォニックスを取入れていて、子供が楽しく言葉遊びをしながら、読む練習が出来ます。
どんな本でもいいですから、簡単で絵がたくさんある、楽しいものを一緒に読んでみましょう。
ひとつのやり方として、一日に1度だけでもいいですから、同じ本をお母さんと一緒に何回も読むと、子供はすべて暗記してしまいます。
これが後に英会話力、語彙力、読解力となってきます。

 

小学低学年からは、その子供が興味を持つタイトルのものを選びます。
例えば、車が好きなら車のテーマの簡単な内容の本とか、レゴが好きなら、レゴの内容とか、きっとその子供が読むことに興味を持つことでしょう。
アメリカの同学年の子供が読んでいるものは、少し難しいかもしれませんが、学年を少し下げたもので、頭の中にすんなり入っていくような、リズミカルなものが理想です。

英語の本の読ませ方|子供英会話教室選び関連ページ

英会話学校と併用する子供の英会話教材
子供の英語教材は、幼児のそれに比較すると、「楽しい」と言うことは、もちろん必須ですが、少し年齢が上になってくると、もっとシチュエーションを理解できる体型的な学び方が必要になってくるでしょう。
英会話とビデオやテープ
英会話教室に通っているのでしたら、その補足として、よくビデオやテープを利用する人も多いでしょう。
人気の英語教材を試してみる
他の子供と一緒に学べる英会話教室に通わずに、自分でまず学びたいと言う子供も中にはいるでしょう。
英語のゲームを楽しむ
英会話は、「英語を話して、受け答えをする」ことに慣れることが大切であることは、何度も書きましたが、日本にいるとそれほど多くの機会があるわけではありません。
好きなものを極めてバイリンガルになる
日本語をとてもじょうずに話す外国人がいます。どんな勉強方法でそうなったかを尋ねると、以外にも「日本の漫画を読んでいて」とか、「日本語のアニメのDVD」と言う人が多かったりします。

ホーム RSS購読 サイトマップ