好きなものを極めてバイリンガルになる|子供英会話教室選び

好きなものを極めてバイリンガルになる

好きなものを極めてバイリンガルになる

日本語をとてもじょうずに話す外国人がいます。どんな勉強方法でそうなったかを尋ねると、以外にも「日本の漫画を読んでいて」とか、「日本語のアニメのDVD」と言う人が多かったりします。
ちょっと意外に感じますが、このような人たちは、日本語の読み書きは、まったく出来ませんが、会話は日本人のように話します。
しかも、漫画やアニメだけでこんなにうまくなるのかと疑問に思うでしょう。

 

しかし、状況を考えてみると、うなずけるかもしれません。
第一に無理をしていないこと。そして、リラックスして、自分が楽しいと思いながら聞いていること。
それは言葉を学ぶ上で、大変大きなポイントです。
特に、ストーリーには、起承転結がありますから、ある一部分だけで習うダイアローグよりも、ずっとクリアに状況を学ぶことが出来るでしょう。

 

何度も見ていれば、言い回しも暗記出来ます。
もし、子供がこのような方法でも、英会話が習得できそうなら、試してみましょう。
そして、あとはそれを使う場所として英会話学校等で、この習得したスキルを使うことで、初めて成果が生きてきます。
子供でも、かなり楽しい会話が講師と出来る可能性があります。

好きなものを極めてバイリンガルになる|子供英会話教室選び関連ページ

英会話学校と併用する子供の英会話教材
子供の英語教材は、幼児のそれに比較すると、「楽しい」と言うことは、もちろん必須ですが、少し年齢が上になってくると、もっとシチュエーションを理解できる体型的な学び方が必要になってくるでしょう。
英会話とビデオやテープ
英会話教室に通っているのでしたら、その補足として、よくビデオやテープを利用する人も多いでしょう。
人気の英語教材を試してみる
他の子供と一緒に学べる英会話教室に通わずに、自分でまず学びたいと言う子供も中にはいるでしょう。
英語の本の読ませ方
子供が英語を読むためには、英会話学校に通わせるより、自宅で毎日の習慣のように、読ませる機会を増やすことが大切です。
英語のゲームを楽しむ
英会話は、「英語を話して、受け答えをする」ことに慣れることが大切であることは、何度も書きましたが、日本にいるとそれほど多くの機会があるわけではありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ